実家はお寺の住職、未信者の多い葬儀

故人と喪主夫妻だけがクリスチャンで、(喪主の奥様の)実家はお寺の住職ということもあり、未信者の多い式になりました。賛美歌も不慣れでしたが良いリードしていただき、なんとか一緒に歌うことができました。良い式になりました。ありがとうございました。

依頼者:兵庫県 K様

希望あふれるエンディング

先日、若い頃にキリスト教に触れたと言われる女性が癌(がん)に侵され、余命1カ月と宣告された。ご家族はキリスト教葬儀を希望されたが、牧師に伝手(つて)がなく、ご子息が当社に事前相談を寄せられた。

それから約1カ月が過ぎた。ご子息より、余命1週間という知らせとともに、ご本人が「キリスト教に入信したい」と言われていることが突然知らされたのである。

ご家族の今後のことを考えると、近隣の牧師に継続的に寄り添っていただくべきと思い、最善を備えてくださる主に祈りつつ、関東地区の連携牧師名簿から適任者を選ぶことにした。

関係者と共に祈る中、2日後に素晴らしい報告が届けられた。死を目前にした弱さの極致にある方だったが、牧師の訪問を待っていてくださった。そして、その場で、ご自分の意思で福音を受け入れ、信仰を告白され、洗礼を受けられたのである。

おそらく、その場に駆け付けたご家族と共に、天国の窓が開く経験をされたことだろう。死を目前にした絶望とも思える状況の中に、輝く大きな希望を見いだされたのである。

その日から実際に召されるまでの1週間、弱さのただ中で、天地の創造者に心を向けられた。日々、洗礼を受けたことを喜び、与えられた人生に感謝し、天国の希望を告白して過ごされたようである。

葬儀は、洗礼を授けた牧師が司式した。それまで祈りつつ備えてきたキリスト教葬儀社や関係者の見守る中、天国に凱旋された故人を偲び、神様に感謝する感動的な葬儀が執り行われた。

ご家族にとっては、大切な家族を失った悲しみの中にも、大きな慰めを得たエンディングであったことは言うまでもない。

 

引用:クリスチャントゥデイ -「日本人に寄り添う福音宣教の扉(30)希望溢れるエンディング」 (2017年10月5日)

故人以外はノンクリスチャンというご家族の葬儀

故人は三代目のクリスチャンですが、この数年は教会へ通うことができなくなり、葬儀社に相談したところ紹介を受けました。家族には信者はいませんが、皆キリスト教には理解のあるものばかりですので、心のこもったキリスト教式の葬儀を司式していただき、大変よかったと思います。ありがとうございました。

依頼者:埼玉県 H様

葬儀に牧師の手配ができずに困っていました。

末期がんではありましたが、突然のことでした。葬儀も日曜日となり、近隣の教会に連絡しましたが、牧師の手配ができずに困っていました。御社に巡り合え、大変温かい葬儀となり、感謝しています。

依頼者:愛知県 H様

葬儀社では牧師の手配ができないと言われ…

母の容態が悪いのは知っていましたが、突然亡くなったため葬儀の準備がなく、病院指定の葬儀社になりました。葬儀社では牧師の手配ができないと言われ、困っていましたが御社が見つかり大変助かりました。牧師夫妻が寄り添ってくださったお陰で、慰めに満ちた良い葬儀になりました。ありがとうござました。

依頼者:千葉県 M様

戦後まもなく洗礼を受けた方の葬儀

故人は、戦後まもなく洗礼を受けましたが、その後集った教会とのつながりは薄く、司式をお願いできる牧師はいませんでした。今回無宗教葬儀を準備しましたが、ネット検索により御社を見出し、お願いすることができました。お陰様でとても良い葬儀になりました。ありがとうございました。

依頼者:埼玉県 T様

自宅から良い送り方ができました

急なお願いをしましたが、前日にも訪問下さり寄り添ってくださいました。火葬前に良い時間を持ちたいと願っていました、自宅から良い送り方ができたと思います。ありがとうございました。

依頼者:北海道 K様

幼いころキリスト教会に馴染んでいた方の葬儀

幼いころキリスト教会に馴染んでいましたが、その後、教会とのつながりは薄く、葬儀司式をお願いできる牧師がいませんでした。今回、キリスト教葬儀に手慣れない葬儀社での告別式になりましたが、快く牧師派遣に対応してくださり、良い葬儀を挙げることができました。ありがとうございました。

依頼者:埼玉県 K様

召される1週間前に洗礼を受けることができました。

キリスト教に触れた母親でしたので、キリスト教の葬儀の準備のため御社に事前相談をしましたが、母親の入信の希望に対し、すぐに牧師を派遣下さり、召される1週間前に洗礼を受けることができました。母親を失った悲しみはありますが、本人が洗礼を受けたことを喜び天国の希望をもって召されたことは大きな慰めになりました。ありがとうございました。

依頼者:埼玉県 I様

焼香と献花台の両方を

信仰をもって亡くなったとはいえ、真言宗の背景の強い家族でしたので心配はありましたが、焼香と献花台を両方作り、母の信仰を語ってくださり、ありがとうござました。

依頼者:大阪府 H様

1 / 41234